MENU

スモールビジネスデパートは、会員同士で一緒に新たなプロジェクトや事業を始める場です。

良いアイディアを持っていてもなかなか事業は立ち上がりません。新規事業初期にもっとも大切なのは、一緒に助け合う仲間です。

ここで会員になってもっともメリットのあるのは、同じ志向や価値観を持ち、行動を共にできる人たちに出会えることであり、そうした環境が存在することです。

会員の共有スペース、「居場所」にくれば誰かがいて、何かをやっています。
ここでは、立ち上げ時オフィス利用をしている会員もいれば、商談をしたり、特定のトピックでのつながるミーティングやイベントをしていたり、スモールビジネスの最前線が日々そこにあります。
刺激を受け、気付きをもらい、元気になり、勇気をもらえます。
一人で頑張りすぎるのではなく、ワークシェアしながら仲間とともにビジネスを立ち上げ、伴走してくれる人を得ながら、大きくしていくことこそが、新しい起業のカタチです。

一人でできることには限りがあります。一社でできることにもやはり限りがあります。どうやって信頼できる相手を見つけるか、そしてどうやって役に立ちそうな情報や、ビジネスのタネを見つけるか、そのことに費やす時間は膨大です。インターネットがこれだけ便利になり多くの情報がアップされるようになりましたが、選ぶ基準はより難しくなりました。

一方でさまざまなビジネス交流会が増え、実際に人と会うことで、ビジネスに役立てようとする動きも活発です。スモールビジネスデパートでは、ビジネスや関心のジャンルごとに「TSUNAGARU(つながる)ミーティング」を実施しており、出会いや最前線業界情報、気づきなどを多面的に会員にもたらしています。また各業界で経験を積んだ人材がそれぞれの人(会社)に伴走しながら(「BANSO(伴走)プログラム」)、課題を一緒に解決していきます。


ビジネス発芽育成成長モデル

自然に相互のビジネスや人を理解し、注目を集めていく仕組み

また、スモールビジネスデパートでは会員同士がお互いにどんなビジネスを行っているかプレゼンテーションをする「リレープレゼンテーション」があります。新しく会員になられた方が行う場合もあれば、これまでの方が2回、3回と近況報告を行うものもあります。こうしたお互いにビジネスを知ることのできる中で、自然にコラボレーション連携が生まれたり、ビジネスプロジェクトがスタートしたりします。

この中で特にコミュニティ全体で取り上げていきたいテーマ性を持ったものや、盛り上がったものを「ピックアップ プロジェクト」として取り合上げていき、継続的にフォローをしていきます。定例会を開いたり、より多くの会員にプロジェクト内容を個別に紹介して参加を促したりして注目を集めていきます。

そしてさらにこうしたピックアップ プロジェクトの中で、「社会課題を解決し、大きく社会変革をもたらせるビジネス」「グローバルに展開できるビジネス」の二点から見て抜きんでているととらえられるビジネスを「セレクトティッド ベンチャーズ」という位置づけで、会員登録されている上場企業のご紹介や、エンジェルを含めた個人・期間投資家のご紹介、さらに販路開拓のためのサポート、そして組織構築や、上場まで含めたさまざまなサポートをスモールビジネスデパート全体として行っています。

種(アイディア)からモデル作り、発芽(立ち上げ)、苗木の成長(資金や人材集め)、そして樹木になる(業容拡大、上場)まで、全てがひとつのコミュニティで完結できる、起業プラットフォーマーが、スモールビジネスデパートの体現している全体像です。

ここまでの仕組みを作り上げるのに、2009年に運営会社、株式会社スモールビジネス研究会設立から、約10年かかりました。農業での土づくりにどんなに短くても3年~5年と言われますが、起業環境を作るのにも時間がかかります。しかし多くの会員のご参加者の方たちのおかげで、良い起業土壌ができてきました。中から成長しより大きな発展を求めて上場を実現しようとされている会員企業も現れました。これからも多くの方たちの種(アイディア)が誰かのニーズを満たし、やがて社会課題を解決していくような起業ビジネスを一つ一つカタチにしていきたいと考えております。

私自身、さまざまな分野で成功も失敗も同じくらい経験をしてきました。実際にどちらも体験しているからこそ、経営者の悩みやつまづき、社員の課題もよくわかります。きれいごとではなく現場で起きていることを日々解決していくことでしか、起業成功はありえません。一方で、その過程を一緒に走る伴走者の存在が、どれほど大切かはご経験されてきた方たちが全員そろって言われることです。

海外から輸入されてくる起業のカタチの良いところは取り入れて、この国の経済社会にあった部分はオリジナルでこだわって作り上げてきたシステムです。より多くの方のお役に立てる起業プラットフォームとしてスモールビジネスデパートをどうぞよろしくお願い致します。


平成30年6月
スモールビジネスデパート運営委員会
代表 齋藤真織